ICTw

f:id:kkdsaur21:20180530173427g:plain

ICT

Information and Communication Technology

(笑)

=ICTw

ICT関連の事業は沢山ある。

調査事業とかやたらある。

縦割りで似たようなこと沢山やっている。

総務省の予算で遠隔授業の実証、内閣府の予算で遠隔授業の実証、

文科省の予算で遠隔授業の実証。

未だかつて完成されていないからずっと実証。

リ、リニアモーターカーかっ!

自分自身もまがりなりにもIT屋の世界の住人だけど、

釈然としないことは多い。

なので、自分がどうにかしてやろうという気持ちではいる。

微力も微力だけど。

この間、知り合いに花を送ろうと思ってサイトを探したんですが、

ないんですね。

そういうプラットフォームが。

送りたい人や会社がある地域の花屋を探して電話をしたほうが早いみたい。

この時代に。

その場合、IT屋はプラットフォームの提案をし始める。

基盤の話から、セキュリティの話から、

かっこいい提案書を作り始める。みんなハッピーみたいな。

これにいつも違和感を感じる。

花屋が市場を広げるために何かしらの枠に相乗りする可能性がどれくらいか調べるのが先だし、

まず、「簡単に花を送れる」という価値が市場に認められるかが重要で、

そのためのPRをどうしていくか、

それを理解して初めて技術的要件が最後に出てくるのに、

IT屋の世界は何よりも先に技術的条件と絵に書いた餅で話が進んでいく。

なぜいきなりタブレットの話から始めるんだ!?

と言いたくなること多い。

老人がタブレットで成功したらその成功例を展開してタブレットを勧めるとか全く意味がわからない。

名前の知れた会社がほとんどそうだから我々みたいな零細は逆に助かるとも言えるが、

ICTの失敗例・・・というか、成功に至らなかった例はもういいんじゃないかと思う。6次産業も似たようなものだけど・・・。