大謝名ワンダラン

f:id:kkdsaur21:20171004182154j:plain

結論から言うが、大謝名は日本でない。

ここでは便宜上、パイプラインから上を”上大謝名”

下を”下大謝名”言おうか。

上大謝名は日本ではない?じゃあどこか?

コロンビアです。

下大謝名は日本なのか?

えーっとメキシコです。

58号線から我如古まで県道34号線がずーっと坂道である。

あ、我如古はヨハネスブルグね。

夜遅くに上下ミリタリー服を着た海兵隊が坂道を降りている。

こんな遅くに海兵隊が軍服で歩くなんて・・・

よく見ると近所の癖の強いおっさんがその格好でスナックに向かっているだけだった。

乳飲み子を抱き、裸足で電話ボックスに泣きじゃくりながらしゃがみこんでいる若い母。

薬物更生施設から抜け出してホテル(今はない)でライターのガスを吸って、

それが引火して部屋が吹き飛ぶ。

(今で言うブレイキング・バッドのシーズン2)

ヤクザの抗争で人が死んだこともある。

そんなおむすびを転がしたら東シナ海まで転がっていくような坂道が好きだ。

僕は30歳の頃、そんな上大謝名でバーを経営していた。

(通称:いないいないバァ〜ならぬ人のいないバー)

僕の接客の酷さが結構口コミで広がっていて、

ロングアイランドアイスティーを注文したら舌打ちされた」

などの記憶にないエピソードが蔓延っていた。

注文をもらって舌打ちするなんて、絶対そんなことをするわけはないが、

僕の地顔自体が舌打ちしてる顔みたいなので弁解できないとも言える。

お客さんと揉めることもあった。

「兄ちゃん、ダイリキ作って」

「はいどうぞ」

「(一口飲んで)・・・兄ちゃん、那覇のXXXってバー知ってる?」

「はい、知ってます」

「あそこのダイリキを飲んで勉強しな」

「・・・じゃあここ出てってそこに行けよ!そもそもダイリキじゃなくてダイキリだから!なんだよダイリキってアホか!」

ハートウォーミングメモリー・・・。

 

安室奈美恵のお母さんが亡くなった日。

いつものように人のいないバーのカウンターで本を読んでたら、

慌てた感じで男女2名が店に入ってきた。

「フジテレビです!安室奈美恵さんのお母さんが昔ここで働いていたそうなんですが、取材いいですか?」

その後もひっきりなしにいろんなマスコミが人のいないバーに入ってきて同じ質問をする。

 

賑やかなのに売上ゼロである。

 

途中、めんどくさくなって、

「あーその店は1軒となりのビルですよ」

と答えた。

その1軒となりのビルは、多少霊感なくても幽霊見えるということで、

マニアおすすめのビルだ。(まだある)

そこの最上階にはその昔レコーディング・スタジオがあり、

そこで僕の弟は見たと言っていた。

 

下大謝名についても触れておこうか。

 

昔、テルヤ商店という雑貨屋があって、

そこに来る客の90%が地元のヤンキーだった。

小学校の頃、当時はコンビニがなく、

夜中にポテチを買いたくなったら、テルヤ商店に行くしかないのだ。

夜中は特にヤンキーがたむろっている。

そして、チキンを食べている。

うずらの卵もやはり食べている。

コーラ1リッターを直飲みである。

目を合わさないように下向いて店に入ったな〜懐かしい。

 

正直、幽霊よりも怖かったのである。

 

僕が万引きして叱られたひさとめ商店のお母さん。

 

その孫と大謝名のバーで知り合って、

「おばあちゃんは立派だったよ!」となぜか上から言ってしまう元万引き犯の僕。

 

あー小銭寿司が輝いていた時代が懐かしい。

 

今はいろんなバーができて活性化してるようで、

大謝名の人間としては大変喜ばしい限りである。

 

バーバリック

テイスティングクラブ

Cafe Blue Clair

ロックジャミン

それぞれ強い個性を持った名店ですので、

ホットペッパーぐるなびで調べて行ってね。