8/19の悲しかった話 #1

f:id:kkdsaur21:20170821175239j:plain

小6のときの野球大会前日に肘を脱臼し、大会に出られなかったことがある。

その時は悔しくて泣いた記憶がある。

今回はその時以来の悔しさじゃないかな。

琉大ロック同好会の同窓会なライブイベント。

イベントを知ってから観に行くことを楽しみにしていた。

久しぶりに会いたい人たちもいるし。

 

当日の午前中、森川レンジ(おっ琉大近くだナ)でゴルフ練習をしていたんだけど、

いつもより倦怠感がある気がする。

前日は仕事関係の人らと飲んで、帰宅就寝中に珍しく嘔吐したのだけど、

それってなにか関係あるのかな?

とかなんとか思いつつ、58度のウェッジで80ヤードのショットをひたすら打っていた。

坂田信弘の金言を思い出し、また、坂田信弘はアスリートなのに国語の教師感が強いという疑問を感じながら。

森川レンジの早朝練習は朝日を直接浴びることになるので、

汗だくの滝行状態で家路に着くシステムとなっている。

車内はエアコン全開なのでそれも良くなかったかも知れない。

風呂を浴び、とりあえず体調を戻そうということで寝ることにした。

1時間後目覚めると、完全に体への違和感が。ざわ・・ざわ

どうする?無視するか?自分で自分を騙すか?色々悩んだ挙句、

体温を計ることに(というかこの時点で熱あるのわかるんだけど)

37.9度。

「でっ出ました!」(人を小馬鹿にするときに沖縄の人が使う言い方で)と心でつぶやく。

当日のプランとしては、ライブ2時間前に足立屋で3千ベロのウォームアップをしてライブ会場に入ろうと思ってたのに。

(人見知りだから)

取り急ぎ、家中の冷たいもの(ヤクザ用語ではないやつ)をかき集めてリンパの通り道を冷やす。

脳内では「オーストラリア花嫁失踪事件」とか、昭和の寒々しい事件などを思い出し、

クールダウンに少しでも寄与しようと頑張った。

しかし下がらない。シクシクだよ!(牧瀬里穂

オレの免疫細胞が病原菌にseek and destroyしない。

fxxk!

その虚無感を幾分和らげるために琉大ロック同好会について、ほんの少しだけ絡んだ自分の思い出を書こうかと。

あ、時間ないや。次回書きます。