波照間島にて

f:id:kkdsaur21:20170720083423j:plain

日本最南端の有人島波照間島

港で2時間船を待つことになった。

閑散としたターミナル内はこの灼熱下においても空調が作動していない。

ときより吹き抜ける風がターミナル内の熱気を申し訳程度に撹拌し、

時計の長い針はさっきから動いていないように思える。

このターミナルに1件だけ飲食店が常設されていて、

その店の店主は一際とっつきにくいオーラを発している。

周辺には飲食店がないので、店主に嫌われることは餓死を意味する。

無愛想な店主に生殺与奪を握られていることは、そこに訪れた者なら

すぐに気付くものである。

ここの店主の口癖は「待て」である。

「すいませーん」

「ちょっと待てよ」

沖縄そばの並ひとつ」

「待てったら」

キムタクかこの店主かというくらいのものである。

オリオンの生ビールを頼む。

フリーザーから取り出したジョッキにビールが注がれ、

手元に届くまでには完全にぬるくなっている。

”秒で”ぬるくなるので慌て飲まなければならない。

「ビールが一番上手い湿度だな」

思わず言った独り言に対し、

「そんなのあるのか?」

店主がツッコんでくる。

どうやら嫌われてはいないようなので、

続けて沖縄そばを注文する。

時計の針は相変わらず動いていないように思う。

昔は色々な本を読んだ影響で、

インテリ層の考え方に随分感化されていたが、

今は真逆の考え方になっている。

無人島に釣りの名人と学者がいたら釣りの名人が生き残るという単純な理屈を今では持つようになった。

「トランプが勝つようなアメリカはアホだ」

こんな意見がバカバカしく感じるようになっている。

店主の深いシワを見ているとことさらそのような考えが強くなる不思議。

地元の名産である泡波をロックで注文する。

店主はロックグラス表面まで波々と泡波を注ぐ。

完全に受け入れられている気がする。

しかし、そんなことで喜ぶなんてよっぽど自分が都会の人間なんだなと思ってしまう。

店主は店以外の時間なにをしているのか気になるところだが、

島に来ると「生きることを生きる」という空気を感じて、

なぜだか不思議だが、自分が恥ずかしくなるような感覚になる。

人間が年をとると土いじりを始めるのが薄っすら分かる気がしてきた。