電話修理屋だったころの話

f:id:kkdsaur21:20170525140111j:plain

20代半ばから40前くらいは●TTの電話故障修理の仕事をしていました。

恐らく、のべ5,000件以上の企業や個人宅をぐるぐる回っていました。

イメージは・・・クラシアン森末慎二みたいな感じで概ねOKかと思います。

個人の経験則・・・もしくはひとりよがりのビッグデータで語らせてもらいますが、

「電話が使えない」ということで修理派遣されて行く家は、

7:3くらいの割合で貧乏の家が多かった気がします。

パンチの効いた人やトリッキーな人も多かったですね。

思い出の残ったケースを書いてみようと思います。

 

「盗聴に怯える三島由紀夫似の不動産屋」

電話の盗聴を疑う人は結構多いです。

今では探偵事務所やそれ専門の会社に依頼することが多くなっていますが、

昔はNT●に依頼をするパターンが結構ありました。

某市の不動産会社に対応で行った時のこと。

盗聴されているとのことであちこち調べたのですが、特に異状は見つかりません。

その旨を伝えて帰ろうとしたら、

三島由紀夫似のその会社の社長が重苦しく相談を(勝手に)始めました。

三島由紀夫似なんで、クーデターでも促すのかなと思ったら、

「いつも帰る時には勝手口にセロハンテープを貼るのだが、今日来たら剥がれていた」

とのこと。

どこからツッコんでよいのかわからず生返事をしたのを覚えています。

数ヶ月後にその事務所は空き家になっていました。

 

「深読みの過ぎた人」

対応中に相談があると言われ、回線利用料の明細書を突きつけ、

自分の電話番号を指でなぞりながら、

「これ(電話番号に)、4という数字が2つもある」

「昔、NTTとケンカしたことあるから嫌がらせに違いない」

「訴訟を起こしたいので証人になってほしい」

「隣の部屋に住む女性に彼氏ができて夜うるさい」

最後はちょっと関係ないと思いますが、

シャレでもなく真面目に語っていました。

トリッキー過ぎですよね。

 

「保健所で対応すべき人」

中部の某市。

家について呆然とした。

ボロボロの家屋は玄関がゴミ溜めになっており、

完全に封鎖されている。

というか、人住んでるの?と思いとりあえず家を一周することに。

「オイ!オイ!」

という声が聞こえた瞬間、その家の窓からおじさんが僕に声を掛けていた。

部屋から糞尿のニオイや、混ざっていけないもの同士が混ざり合って、

人類にとってあってはならないケミストリーを醸し出しているニオイがする。

「本当にクサイのって目に来るんですね!」

そのとき生まれた僕の名言(脳内でしか言わないけど)

これからこの人の対応をしないといけないのか・・・

気絶しそうになる。

 

おじさんは当然、髪ボサボサでヒゲ生え放題なんですが、

上はランニングシャツで、下は・・・

アレ?なにも履いてない?

「うわ〜クマのプーさんのスタイル!」

と思うわけもなく、ひたすら固まってしまいました。

おじさんは、これが壊れていると言わんばかりに電話機を窓から僕に突き出しました。

600-Pという初期型プッシュホンで、

恐らくベテランの業界人しか知らないであろう旧き良き時代の電話機です。

これは困った。

外線の修理なら良いが、電話機を取り替えるにせよ家に入らないといけない。

「この家に入るくらいならクビになっても構わない」

カジュアルにそう思える程の家です。

故障修理業務を管理している人へ電話をかけて相談しました。

すると予想外の一言が・・・。

「あーその人保健所に通報しているので、対応はしないでいいよ」

「・・・・・あんたらが手配して対応させたんでしょーが!(北の国から)」

この家も数ヶ月後には更地になっていました。

この家で1点だけ気になったことが。

おじさんが声をかけていた窓に、

”おーいお茶”が10数本窓枠に並べられていて、

なんか気味が悪いなーと思ったんですが、

はじっこだけルートビアだったんですよね。1本だけ。

とってもとっても心の中でツッコみました。

今思うに、立った時に下半身をギリギリ隠すパーテーションの意味だったかも知れませんが、そっちより、1本だけルートビアというところにツボがありましたね。

 

「アンダーカレント」

真夏の灼熱のある日。

浦添市の白い一軒家。

褐色の肌でどこの国の人かわからないんですが、

エキゾチックであきらかに一般人ではないオーラを放つ女性。

家に入ると内装も白で統一され、玄関は吹き抜けになっており、

エアコンはフルパワーで動いている。

奥にアンダーカレントのジャケ写がフレーム入りで飾られている。

音楽は誰かは知らないがフュージョンが流れている。

汗がどんどん引いていき、作業も無事修了。

対応 を終えたクラシアンだったんですが、

エキゾチック美女が大きめのグラスにクラッシュアイス、

そこにお茶・・・いや、ティ、ティーを注いで差し出してくれた。

もう灼熱の外部に出たくない。

ずっとこの涼しいお家にいたい。

しかしそんなわけにもいかず、

泣く泣く灼熱の元、次の現場に行くのです。

街中でそういう作業者を見ると心の中で「頑張れよ」

と心で思うのです。

熱中症に気をつけましょう。