コピー機が売れない(笑)

headlines.yahoo.co.jp

 

出世するのが目的になったり、何かと内向きな組織になるとこうなるんだろうね。

売れなくなってからコピー機が売れないって・・・(笑)

会社というのはエンジンを切ると沈む。

エンジンとは成長戦略であり、リスクヘッジであり、

それらを分析しながら生き残るための”推進力”だと思うのだけどどうなんでしょう。

リコーは野武士集団と言われていた?らしいけど、

まぁ昭和の営業スタイルで食えてた時代があったんでしょうね。

人間は成功体験からなかなか抜けられない。

成功体験をなかったことにすることもひとつのリスク回避になる。

気づいてからではもう遅い、

不況だとか外的要因のせいにしたり、

社員の生産性になんらかの問題があるのかと思って仕組みを変えたり・・・・

無能な経営陣は自分が無能であることは気づかない。

いや、気づきたくない。

そして、責任を取らない。

潰れる会社は世の中から必要とされていない。

富士フィルムなんて、誰もフィルムなんて買わないけど光学技術を応用して、別分野で成功しているし。

写ルンです誰も買わない!」とは言わなかったはず。(笑)

リコーと見事なまでの対比だと思う。