冷静に考えてみたら20年前の沖縄ってひどかったナァ

f:id:kkdsaur21:20170210121732j:plain

写真の工具は”ラチェットレンチ”と言います。

通称”ラチェット”

20数年前に僕は電話工事の仕事をしていましたが、

その会社の先輩がこの工具のことを、

 

「ダゼット」

 

と言ってましたので、

僕も必然的に「ダゼット」と言うし、

周りもそれに従って「ダゼット」と言います。

ある意味、完全にパンデミックですね。

1年近く、ラチェットをダゼットと言っていたわけですから、

しかも・・・場合によってはドヤ顔で、

「ほら、ここをダゼットでよく締めないと」

言ってたかも・・・あぁ恥ずかしい。

その頃の先輩方はなかなか凄かった。

「あの●●さん、今では大分丸くなっているけど、昔は平気でペンチを人に投げてきたらしいよ」

何度このようなセリフを聞いたことか。

「口より先に手が出るタイプ」など、慣用句的に言ってもらえば流せますが、

ペンチを投げるっていう話になると、こちらも、

ツーシームかフォーシームかでペンチの軌道が・・・」

と思わず考え込んでしまいます。

「こんなペーペーにペンチ投げないでありがとうございます!」

とお礼を言うわけにもいきません。

が、実際お礼と言っている人間もいましたけどね(笑)

建設業界同様、我々の業界も大手と下請けとしっかり分かれていました。

当時の大手にいた沖縄のベテラン勢にはかなり癖のある人が多かったですね。

定年間際くらいの人たち。

(方言で)下請けの僕らに向かって「お前ら誰のおかげでメシ食えてると思ってるのか!」

元請・下請・昭和の風景。ノスタルジー・・・

「それはあなたではなくあなたの組織」

と言ってはいけません。

下請けは一生懸命なだめすかせて取り入らないと行けないのです。

「またぁ先輩〜」「先輩頼みますよ〜」

必須ワードです。

サラリーマンってのはつらいなぁと何度も思いました。

 

その頃、時代は”下請会社”を”協力会社”と呼ぶ風潮になりかけでした。

言葉が違うだけで商流は一緒なんですが、

あからさまなイメージは業界全体に悪い風潮を生むよね的なものだったんでしょう。

 

そして今ではすっかりマッチョ志向の業界人が減りました。

(減っただけで、いなくなってはいない)

 

大体は本土から課長がきて、社会人としてのリテラシーというか、

ビジネスのお作法を現場に浸透させていくというように見ていました。

 

ある日、その若い課長が朝礼で、

「電気をこまめに消しましょう」

と言ったら、ひとりのベテランが、

「消していくら削減になるのか証拠を出せ!」

と課長につっかかっていました。

 

「おーここに戦士が」

と苦笑いせずにはいられませんでしたね。

自分では威張り散らしてなにもしないのに被害者意識だけ異常に高い年配者が

沢山いましたね。

 

最近ではあんな感じの年配者がすっかりいなくなったなと思います。

単に自分がその年代に近づいていっているだけという説もありますが。