読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガが怖い

昔からパン屋を営んでいる人が怖い。

特に夫婦で営んでいる場合。

ここで言う恐怖はその人たちから僕が受ける恐怖ではない。

逆に僕がその人に対して悪い影響しか与えないと考えること自体が怖いのだ。

ここにあなたがいないのが淋しいのじゃなくて、

ここにあなたがいないと思うことが淋しい。

何度聞いても意味が解らない。

すいません、話逸れました。

「こだわりの天然酵母で焼いたパン」と言われたら、

なにかそのものだけではなくそこに纏っている世界観を自分がぶち壊す気がして、

思わず逃げてしまう。

なので、ボーダーのシャツに頭に丸いポンポンが付いている帽子をかぶったカップルが

目の前から来ただけで道の反対側へ渡るくらいである。

僕がパンの世界で好きなものってイースト菌くらいです。はい

そうした無添加のパン屋さん以外に苦手な物が最近あります。

それは「ヨガ」です。

正確に言うと、「ヨガ教室に通ってるっぽい雰囲気」ですかね。

あの、正式な名称わからないけど、自分用のマットみたいなやつ、

あれをクルクル巻いて可搬式になってるやつ。

あれを4,5人で持って歩いている集団が向こうから来るとやはり道反対に逃げてしまう。

これは上記のパン屋のパターンと違い、

なんというか、独特の同じ感じに啓蒙された集団が単純に怖いという。

みんな月光浴とかするんだろうな、とか、UAのCDが車にあるんだろうな、

など、完全に偏見の塊で見てしまう。

最近、”SUPヨガ”なる存在を知った。

f:id:kkdsaur21:20170123194636j:plain

内容はずばりSUPの上でヨガをするというもの。

理由はいろいろあって、効果などいろいろ読んだが忘れました。

「陸でだめなの?」というのが最初に浮かんだ思いだけど、

SUPも曲がりなりにも海の乗り物なので、

どうしてもSUPヨガの優雅なイメージより、

海上保安庁とか「海のもしもは118番」などがどうしても先に脳裏をよぎってしまう。

ヨガとパンの人すみません。