読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナビを探して①

半年くらい前のことだったと思う。

サイジに「えーわったーナビに会いに行かんとならんあんに?」

と言われた。

我々もいわゆるアラフィフと言われる年齢に近づき、

社会的にもある程度責任のある立場になり、

尿酸値が頭をよぎることもしばしば出てくる歳になった。

僕もそんな状況でナビの話が出てきたので少し驚いた。

それから少し間があって、

会いたいというより、会ってない理由ってそもそもないだろう、

という思いが頭をもたげ、

次の瞬間、強烈にナビに会いたい思いに駆られた。

ナビとの出会いは1988年だったと思う。

僕とサイジは別のメンバーとヘヴィメタルバンドを組んでいた。

細かく言うとNWOBHMミーツベイエリアみたいなサウンドだった。

もっとわかりやすくいうと単にメタリカのフォロワーとも言う。(笑)

関係ないが俳優の谷原章介エクソダスなどのベイエリアクランチが大好きである。

当時は時間が有り余るほどあったので、練習ライブ練習ライブと、

なにかに取り憑かれたように音楽に打ち込んでいた。

そんな中、あるライブで琉球大学のロック同好会であるというSさんというヒトが、

僕らに声をかけてきた。

Sさんは熱く僕らを賞賛する言葉を話し続けてくれた。

褒められて嫌な気になるわけがない。

Sさんは一見マジメそうなルックスではあったが、

どこか人をざわつかせる雰囲気を醸し出していた。

その後、実際にいろいろざわつかせてくれたり、とても仲良くしてもらったり、

かなり思い出深い人だったがそこは本編と関係ないので割愛する。

それからしばらくして、確かコザのフィリピンバーで演奏しているときだったと思うが、一際、LAメタルみたいな男が我々のステージ前でヘッドバンギングをしていた。

あのー、たまに”ヘッドバンギング”に”ヘッドバンキング”って言う人いますが、

そんな・・・ネットバンキングみたいに言わんでよ。

脳内で資産運用みたいに聞こえるし・・・。

・・・あ、はい、で、ロン毛でヘドバンなんで、

僕らも「ヤベ、本物来てる」みたいな空気になった。

ライブ終了後、そのLAメタルが話しかけてきた。

それがナビだった。

本名・大田実(言っていいんかな・・・まぁいいだろ)

漢字が左右対称でまるでHAWAII以来の気持ち良さである。

彼は「Sさんの大学の後輩です」と言うではないか。

「あ〜Sさんにはお世話になってます〜」僕ら。

メタルは律儀で真面目なのである。

それから毎回ライブにはナビが来ていた。

当然そこから仲良くなるのだが、聞くと彼もバンドを組んでいるという。

しかもSさんと組んでいるというではないか。

そのバンドが近々ライブをするとのことだったので僕はそれを見に行った。

確か琉大祭だった気がする。

彼らのバンドはミドルテンポの重くて暗い曲が多く、

我々のバンドより楽曲、アレンジ、バランス、コンセプト全てにおいて良かった。

「やられた〜」と正直思った。

「ちくしょー全然ウチラよかカッコイイじゃねーかよ〜!」と素直に妬んだ。

メタルは奥ゆかしくて謙遜しがちなのである。

ミイラ取りがなんたらではないが、結局、僕はすっかりこのバンドのファンになってしまった。

その後、僕らバンドは解散をした。

しばらくするとナビに誘われて彼のバンドにヴォーカルとして入ることになった。

人見知りな上にしゃべりかけ辛いと言われるこの僕が、

人のバンドに入るのは初めてで、

しかも、違う大学。

でも、バンドのメンバーもみんな快く迎えてくれていたし、(と思う)

おかげで琉大に友達がたくさんできた。

そのバンドどれくらいやったか覚えていないのだが、

かなり充実した活動をさせてもらった。

このバンドの次に新しいバンドを自分で組むのだけど、

経緯は忘れてしまった。

ひょっとしたら次のバンドを組む経緯で、いろんな人を不快にしたかもしれない。

あの頃の僕はそういうことを全然気にしなかった。

そんなわけで、サイジとナビのツインリードで、與儀さんがドラム、

仕方ないので僕がベースヴォーカルということでバンド構成が決まった。

ベースは結成後、コザの質屋で2万ほどのものを買って、

結局、バンド解散までその楽器を使った。

とにかく、ツインリードのアレンジばかりが湯水のように湧いてきて、

それをフィーチャーした曲をメインにしていた。

あと、與儀さんのアクションがトミー・アルドリッチだったのが気になったが、

5歳も歳上なのでなにも言えなかった。

毎週日曜の早朝に宜野湾のダイトウミュージックのスタジオに入って練習をした。

土曜の朝まで飲んで余裕の飲酒運転でみんな集まるというロックンローラーぶり。

バンドメンバーではないが、なぜか毎週練習に来るヒデキという男がいた。

いや、漢というべきか。

スタジオに着いたらタイヤがパンクしていることに気づき、

その場でスペアタイヤに交換していたヒデキ。

ダイトウミュージックの駐車場は坂になっており、

駐車場に面した道も坂道だった。(ドンキーコングみたいなかんじ)

交換中、立てかけていたタイヤ(パンクしたやつ)が、ひょんなことから転がってしまい、その坂道をそれはもうSpeed2(見てないけど)みたいに凄い勢いで転がっていったとき、一瞬追いかけようとしたヒデキが、

 

 

「しむさっ!」(もういいよの意味)

 

って諦めの気持ちを吐き捨てるように呟いたセリフが今でも語り草になっている。

全然よくないよ・・・。

 

ダイトウミュージックはナビのバイト先だったので、

練習時間など色々便宜を図ってもらっていたわけだが、

同じくそこでバイトしていたのが大ちゃんである。

大ちゃんも琉大生で、人当たりがよく我々もすぐに友達になった。

 

②に続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローカルCMについて

テレビコマーシャルはあえてツッコミどころを作るほうが良いらしい。

アイキャッチの意味なのかわかりませんが、印象に残ったもの勝ちの世界なんでしょうね。

とはいえ、ローカルCMに関しては無作為でツッコミどころができている気がしてならない。

沖縄の場合、何と言っても求人誌が熱い。いろんな意味で。

しょっちゅう流れるたびに心の中でツッコんでしまう。

www.youtube.com

ビールジョッキ落として割る。

怒られる

泣く

歌聴く

よし転職しよっ!

・・・いやいやいや

この程度で転職したらいつまで経っても成長しないから、

もう少し今の環境で頑張ってみようよ。

ツッコんでしまいます。

 

www.youtube.com

これも何度も心の中でツッコみますね。

まず、なんでこんなに家庭が暗いの?

なにがあったのこの家庭・・・。

「ここ最近の人事部の課題は優秀な人材の確保だ」

えーっと・・・今まで何を課題にしてたんでしょうか。

「おかえり」

「明日説明会か」

「やりたいこと見つかったよ」

会話が全然噛み合ってない・・・。

優秀な人材を確保する前に一度家庭内のコミュニケーションを図ろうよ。

ワーク・ライフ・バランスぅ。

沖縄の失業率は大分下がってはいるものの、

全国平均よりはまだ高いです。

やはり仕事など生活基盤がしっかりしてないと家庭も暗くなりますね。

 

 

ノックと愛

f:id:kkdsaur21:20161003151646p:plain

野球のノックって大人の世界でもある意味縮図のようだなーと思うことがある。

遠い昔、僕は野球少年だった。

少年野球を通して色々なことを学んだが、

今振り返って最も印象が深いのはノックだろうと思う。

 

ノックはいい。

ノックには独特なコミュニケーションが隠されている。

ノックを打つ大人とノックを受ける子供の間にはそこにしかないコミュニケーションがある。

ノックが優しい人、ノックが厳しい人。

しかし優しい厳しいは無関係。

理屈ではなくノックを受けながらその人柄が伝わってくるという超感覚。

野球はチームスポーツだが、ノックは1対1である。

ノッカーが優しかろうが厳しかろうが同じように得も言われぬ愛を感じる。

ノックは愛そのものであるが、その時はそれを自分の中で意識しない。

小学生だから当たり前である。

大人になって振り返り、あの時の感覚は愛だったんだなと思い出すものである。

「上手くなってほしい」という思いと、

「上手くなりたい」という関係性がそこにあったからである。

重要なことは、なぜそういう関係性ができたかということだが、

それは単純な話で、「チームが強くなりたい・勝ちたい」という共通項があるというだけの話である。

 

しかしながら、大人になるとそういった”関係性”の大切さがわからない輩と接する機会も増えてしまう。

数年前、「君は酒の飲み方が分かってないからオレが教えてやる」

なかなか居丈高な感じである人に言われたことがある。

その時は「酒の飲み方を習う必要があれば、自分が習いたいと思う人から教えてもらうから結構」と断った。

その人とはなんの関係性も構築されていなかったから当然の返答だと思っている。

しかしながら、しがらみに生きているとそう簡単に断れるものでもないし、そういうのを”なんとかハラ”って言うんだろうが、無理して「ありがとうございます!」って

その居丈高のなんとかハラに巻き込まれて行くんだろう。

(頑張れな若い人)

 

ノックをコミュニケーションツールとして考えた場合、

「ノックで人間関係を築こう!」と言うことにもなるだろう。

前後関係を無視してツールで気づきを得る。

これをワークショップという。

ワークショップは使い方次第では大きな効果、重要な気づきを得ることは可能だが、

どうだろう。

概ねただただやっているのがほとんどじゃないだろうか。

これを予定調和という。

まず、目標・目的が共通しないのをどうやって関係性を作るというのか。

繰り返しになるがなぜノックに効果があるかといえば、

共通項があるという大前提の上に立っているからである。

 

最近はそういったツールで気づきを得よう系が多い。

それはそれで大事なことだろうし、一切否定はしないが、

関係性を無視してそういったことをするよりは、

無理やりひれ伏せさせてパワーで関係性を構築したほうが効果は高いと思う。

どうせやるなら論で且つ、仮想空間という前提においてであれば。

(これもなんとかハラにはなるけど)

ただ、若い人でそんなパワーを持っている無頼漢みたいな講師とかコーチがいるんだろうか。

あら、話の着地点が予定と変わってしまった。

まぁいいか。

 

 

SWOT分析

f:id:kkdsaur21:20161001095633p:plain

SWOT分析というマーケティングツールがあります。

これが超面白ぇーという話。

企業なんかは期末になると、

そろそろ来期の計画立てんとねって、

売上目標や戦略を立てたり、戦術を練ったりするわけですけど、

それらが去年の焼き増しだったり、過去の経験値からなんとなく作ってしまうパターンが割りと多いんですね。

そうではなく、客観的な目標を立てるためによく使われるのがこのSWOT分析

細かい説明はここでは書くのを避けますが、

4つのジャンルに対して客観的な事実のみをテーブルに乗せて、

それら(リソースや現在の良い状況、悪い状況、想定したくないけどありそうな悪い要因)をうまくマネジメントしてできるだけ最大限の結果を出そうというやつです。

そこで行動計画や様々な行動、プロセスを評価するための数値的目標(KPI)というものが出てきます。

あとは、それを信じてあれこれ考えず進めれば良い、というものなんですが、

正直これって企業としては多少企業文化の熟度みたいなものが試されるもので、

先述の通りこれはツールなんですが、ツールを作ることが目的になってしまうことも多々あるんですね。

ツールの目的化ってヤツですね。fuck。

ひどい話になると、そのツールもカッコつけで使えてないというパターンもあります。

以前、私がある自治体でプレゼンテーションをしたときの話。

その中で、「その地域の働き方は2極化し多様性があるとは到底言えない」という旨の話をしたら、一人の審査員が質疑の際に「多様性がないとは失礼じゃないか」と、

斜め上後方くらいの角度からツッコんできました。

これは質問ではなく、単に憤慨しているという感想です。

この審査会の中で一番偉い人の発言だったので一瞬固まるくらい驚きました。

この人は誰に対して見栄を張っているんだろう?と質疑しながら考えましたが、

恐らく、ただ単に行政の怠慢だと批判されているとかそういった被害妄想に陥ったのだと思います。この方は議会で結構やられているんでしょうね。(憶測)

その偉い人のように「客観的なことを言わない。言ったら刺される」という世界もあるのですが、そうなっちゃうと分析など絵に描いた餅になってしまいます。

絵に描いた餅でやっていける会社ならそういった予定調和のノリでいいんでしょうけど、時間の無駄ですよね。あまりにも。

嫌かも知れませんが、やらないとなんにも進まないのです。

(ちなみにその案件は受注しましたけどね)

絵に描いた計画で絵に描いたKPIを見て達成しても虚しいだけなんですが、組織が”しごとの仕事”のノリだとそれはそれで良いって空気になるんでしょうね。

ある意味うらやましいです。

それで、なんでこの話をしているかというのは、

このSWOT分析の中(前述の4つのジャンルの中で)

  • 弱み:目標達成の障害となる組織(個人)の特質。

ってのがあるんです。

個人的にはこここそが企業文化の最も表れるところ且つ、ちゃんとしないと全て無意味になる項目だと思っています。

だってこれをテーブルに乗せてどうするかっていうと、

”弱みを最大限良い方向に持っていく”

ですからね。 

だから弱みをテーブル乗せない=永遠に弱い部分を抱える

ということになるわけです。

野球チームがあります。

チーム打率は2.70でリーグ1位。

しかし防御率は6.00でリーグ最下位。

普通で考えると投手陣の立て直しが急務ですが、

投手コーチの政治力が強くて誰も批判できない。

するとチームの先述は投手陣の補強ではなく、

スラッガーの補強に走ります。

そりゃ結果はでるはずありません。

このチームが弱いのはフロントもしくはコーチ陣が悪い、

つまり組織として悪いわけです。

選手が一生懸命やっても結果は出ません。

暗黒時代の阪神そのものです。(私は阪神ファンです)

あと、弱みを全部選手のせいだと思うフロントやコーチ陣もいるでしょう。

暗黒時代の阪神そのものです。

「働き方の仕組みをコロコロ変える会社はヤバイ」という定説もここから来てます。

また、SWOT分析を進めるには進行が重要です。

なぜなら、弱みと思う意見に対しその場で反論が起きがちだからです。

議論慣れしていない組織の場合は記入方式にしたほうが良いかも知れませんね。

その場で取り繕って真実と異なることをテーブルに乗せるよりはまだマシでしょう。

私は頭の中でSWOTをやるんですが(基本ひとりぼっちなので)

今の会社に入ったときの弱みは「なにしろ全部ひとり」ということでした。

そして弱みの克服手段は以下の2つにしました。

①「同じ畑だけど業態や業務品目の階層が違う会社と持ってないリソースを分け合うことでひとりで営業するところを10人くらいで営業ができるような関係を作る」

②「自分の作業をお願いできる人間をひとり育てる」

上記をKPIで示すと①は10社②は1人です。

あとは計画通り粛々と進めるだけです。

これをやって2年近く経ちますが、自己採点では100点です。

とはいえこれはたまたまですが、100点なのでさらにこの分析を信頼しています。

分析は10%、実施が90%の重要性だけど、

分析が0だったら実施は永遠に0の結果という今回の話でした。

 

 

 

 

 

 

 

この世に住む全ての人が斎藤ひとりだったなら

f:id:kkdsaur21:20160925145947j:plain

この世に住む人間が全て斎藤一人だったら・・・

まず文学や音楽などが存在しないよね。

あれは闇を形にしているから。

創作というのはどっかで心の闇のどす黒いものをを引き釣りだして、

フィルター通して体裁を整えて絞り出される。

闇というのは誰にでもある。

いや、あるはずなんだけど、

それに自体に気づかない者、

気づいているけど教義とか呪文で蓋をしようというヤツがいる。

SNSの1/3くらいはそんな言葉で溢れている。

「開けない夜はない!」って励ましても、今日死んだら永遠に夜ですよ。

ただのコトバですよ。

辛さに身を任せて酒飲んで寝たら良い。

なんならアル中になっても良い。

あれこれ励まされても自分自身を好きになれない人は好きになれんのよ。

あとは諦めるなりして受け入れることはできるでしょ。

諦めもまぁあれでしょ、自己肯定でしょ。ある意味。

受け入れられないって言ったらもういよいよこの世の中キツイねって話だけど。

友達にかなりネガティブ思考の人間がいるんだけど、

彼は周りから色々なアドバイスを受けるらしい。

いろいろ訊いていると、彼にそのアドバイスが1mmたりとも浸透していないのが判る。

そりゃそうだ。

そもそもアドバイス通りできるくらいなら苦労してないし。

焼肉屋で2人対峙して飲んでいるとき、

僕は彼に「君は今のままでなんの問題もない。どこも治す必要ない。生まれてきてくれてありがとう」とだけを繰り返し言う。

気持ち悪いから2人だけでないとこんなことは言えない。

2,30回くらい言っていると彼は泣き出す。

それだけ。

人に否定されるヤツが自分を肯定できるはずないからね。

そこまで重症じゃない層はみんなネットワークビジネスなどに行くからそれはそれで問題ない。

あ、この世の人が全て斎藤一人だったらという話だった。

えーと、講演会開けない。

 

 

 

 

 

 

例え話について

f:id:kkdsaur21:20160922140629j:plain

例え話が上手だと言われるんです。

例え話がわかりやすいねーなんてよく言われるんです。

緋色の帆を掲げた都市が碇泊しているのが見えたんです。

ひび割れたガラス越しに摩天楼の衣擦れが舗道をひたすのを見たんです。

それで僕も(もういいか)

例え話とは、ある事象を説明する際に理論を約分通分しながらこねくり回し、

そこにいる人達の共通認識に落とし込むという、

小難しく言うとそんな感じのことを指します。

しかしながら、以下の2つのパターンを時々見受けます。

①一旦、例えに行ったものの主題に戻れなくなって話が破綻するケース。

②例えが遠くに行ってしまってかえって分かりにくいケース。

②は結構見ます。

例えば、小池都知事と自民党都連の関係性を例えようとして、

マイケルがエディに仁義を切らずにサミーのライブに参加したら、

そりゃ、ヴァン・ヘイレンをクビになるのと一緒だわな!

と言われてもよけい分かりにくい。

・・・おっと、また例えてしまった。

昔、「例えエンジン」とアプリを開発したら売れるかなって、

シミュレーションしてみたことがあります。

全然ビジネスにならないという結果にしか行き着かなかったのでやりませんでしたが、

せっかくなので、ここでその残りカスみたいなものを発表してみたいと思います。

誰得ですが。

「90年代のジャイアンツで言ったら副王みたいなもの」

「海藻で言ったらめかぶみたいなもの」

「ギターで言ったら2弦みたいな立ち位置」

「結局内臓ってみんな沈黙しているようなもんでしょ?」

「アルバムで言ったら3曲目くらいの存在感」

アカデミー賞の中継放送にオカマがキャスティングされるくらい当たり前な話」

「トランペットだって指3本しかつかわないんだぜ!」

ヤン・ハマーがシンセをギターっぽく弾いても需要があったかは不明でしょ?」

村上春樹が好きって人と今から2時間酒を飲まなきゃいけないみたいな状況」

「めかぶで言ったらアルギン酸みたいな立ち位置」

 

「仁義なき戦い」から学ぶ戦争の始まり方④

f:id:kkdsaur21:20160920131521p:plain

あらあら。

広能の思いと全く反対に坂井が山守の家に押しかけました。

日本刀ブンブン振り回しています。

「ワシを殺ると言うたそうじゃのぉ!殺るならいつでも来いやぁ!」

来いやぁと言いながら自分から訪問するせっかちな坂井。

「欲しいものはなんでもあげるけん」ベタな命乞いをする山守。

かくして山守は引退に追い込まれ坂井が組のトップに立つこととなりました。

 

この時点で、山守についているのは槇原と矢野だけです。

槇原はそれを隠して坂井についています。

いわゆるスパイですね。

 

f:id:kkdsaur21:20160920132539p:plain

槇原は坂井に、矢野が不審な動きをしていることをリーク。

早めに殺らんと危険である旨を伝え、けしかけます。

仲間意識とか仁義もへったくれもないですね彼らは。

あ、だから「仁義なき戦い」なのか。

 

f:id:kkdsaur21:20160920132915p:plain

仕事が早い坂井。

殺そうと思ってから殺すまで、映画の尺で言ったら2分くらいでした。

ちょっとこのあたり編集が雑になってきています。

 

f:id:kkdsaur21:20160920133328p:plain

そうこうしている間にグラハム・ボネット化が進んでいた広能が山守に呼ばれます。

山守と槇原は、矢野が死んだのは広能のせいだと攻めます。

なんでそうなるかが全くわかりませんが、とりあえずそうなんですね。わかりました。

広能はそこで、坂井が自分の言う通りに山守と和解しなかったことを知ります。

広能の怒りは坂井へ。

山守はけじめをつけるために坂井を殺れと広能に命令しますが、

広能は、山守に盃を返し、自分自身のけじめのために坂井を殺ると言います。

山守からすると結果オーライですね。

「もうアンタの手には乗らん」と山守に言い放つ広能。

すいません、圧倒的に乗ってますよ・・・。

槇原が、坂井が現在休んでいるビジネスホテルの場所を広能に教えます。

googleマップがないので、でかい地図に赤丸です。

坂井を殺るぞと部屋を出て行く広能。

絶望的に要領が悪い男です。

 

f:id:kkdsaur21:20160920134851p:plain

暗殺のために坂井の部屋に入るも速攻で鎮圧される広能。

坂井がひとりだと思ったんでしょうか。

サイボウズがあったらなと思わずにはいられません。

「さあ殺れや!」潔いよいのかなんなのかわかりません。

命ど宝Tシャツを進呈したくなります。

 

f:id:kkdsaur21:20160920135924p:plain

ところがです。坂井は広能を許します。

子供ができて殺る殺られるのヤクザ稼業に辟易しているようですね。

情報戦のスパイラルはどこかで許すとう行為が出て止まるものなんですね。

ところが・・・

 

f:id:kkdsaur21:20160920140519p:plain

坂井は山守の使いにおもちゃ屋で射殺されます。

子供のおもちゃを選んでいる最中でした。

結構、モノで子供を操るタイプのパパだったんですね。

 

f:id:kkdsaur21:20160920140838p:plain

坂井の告別式がしめやかに執り行われています。

喪主は山守です。なんでやねん。

これで山守組の内紛劇は終止符を打ちました。

 

f:id:kkdsaur21:20160920141131p:plain

そこに広能がづかづかと現れ、祭壇の前に立ちます。

「鉄ちゃんこんなぁ(お前)こげなことしてもろてからに満足か?満足じゃなかろうが。ワシも同じじゃ」

そうですよね。殺した人に弔われるって死んでも死にきれないですよね。

そして広能は祭壇目掛けて拳銃を乱射します。

 

f:id:kkdsaur21:20160920141628p:plain

激昂する山守

「広能!おんしゃ腹くくってのことだろうな!」

 

f:id:kkdsaur21:20160920141844p:plain

シリーズ全作通しての名台詞ナンバーワン

「山守さん・・・弾はまだ残っとるがよう・・・」

くーっかっちょいい!

この映画はこうやって復讐の連鎖、淘汰に次ぐ淘汰で治まるわけですね。

 

冷静に振り返ってみて殺し合う必要性がかなり低いということが言えます。

つまり、この時代にサイボウズがあれば・・・

じゃなくて、当事者同士で確認し合えば殺し合わなかったわけです。

自分を攻撃するなんらかの情報があった場合、

それは、なんらかの思惑が働いていると考えれば良いのです。

「なんだとーっそれは許せん!〜」ではなく、

それは本当のことなのか、歪曲されてないか、利用されてないか、これとこれが潰しあったとき誰が一番得するか?

を考えてみると、戦いまで発展する確率が少しは下がるのではないでしょうか。

おわり