60年代生まれがおしゃれなパンケーキを見て胸に去来するもの

f:id:kkdsaur21:20180422202945j:plain

おしゃれなパンケーキやホットケーキが小洒落たカフェで提供されて、

それが美味しいとかで?年がら年中テレビで紹介されている?

小麦粉で焼いた、言ったらヒラヤーチの親戚みたいなものが、

ギャ、ギャルの評判を呼んでいるなど、1968年生まれのオレからすると理解に遠過ぎて語りようもない。

我々世代はかなりの幼少期に挿絵入りで「ちびくろサンボ」という海外の童話を聞かされていた。

ちびくろサンボ」は今は差別的だということで、パソコンの変換でもすぐに出てこない。

そんなことはどうでもよい。

ひとつだけ言えること。

「三つ子の魂百まで」という言葉に反し、恐らくだが、我々世代、誰一人としてストーリーの主題自体は覚えていないと思われる。

恐らく今wikipediaで調べれば主題がどうとか、歴史背景がどうとか理解するのは簡単であろう。

でもオレはやらない。

どうでもいいから。

ただ、幼少期に絵本で見た最重要なファクター、最重要なアイキャッチに凝縮されるわけだ。

「トラがバターになる」

「そのバターでパンケーキを作る」

いやっいくら子供でも、トラがぐるぐる回ってバターって。

小2くらいでも朧気に「トラってネコ科」くらいは認識しているわけで

ネコなんて昭和50年代は路線バスに4,5匹乗っているくらいたくさんいたわけで(すいませんウソです)

バターはなあ・・・と、思いそうでしょ?

いやいや、それがなぜかトラがバターになる様をイメージできるわけですよ。

頭柔らかいから。(笑)

それぞれに自分のイメージでフェーズ1=トラ フェーズn=バターって。

まあ悲しいことに当時の子供が考えているバターって植物性マーガリンなんだけど。

(恐らく99%がホリデーマーガリン)

バターはおいといて、最も衝撃を受けたのは「パンケーキ」という言葉。

誰も聞いたことないのに魅力あふれ、且つ、新星の如く出てきたアイテム名。

当時の子供は「ケーキ」だけで普通に失禁してたレベルですから、

パンとケーキが突然合体して「パンケーキ」ってなんだよそれって。

クラスの中でも、挿絵がホットケーキっぽいからホットケーキということにしよう、

みたいに幼子が特定にクラスタの中で妥協し始めたりするわけだ。

それから何十年も過ぎて思うわけだが、

「バターがあったらパンケーキ」

コレ自体貧しさの象徴に思える。

今なんかバターがあったら「とりあえず冷蔵庫」になってしまった。

「溶かしバターめんどくさいな」ってクックパッドの奴隷になってしまった。

飽食の象徴になってしまった。

沖縄そば食べても感動しなくなった。

本当の幸せとは・・・

なーんてな。人生は諸行無常

そんなことはどうでもよいし、今を頑張るしかないのである。

 下が肥えて悲しけりゃ精進料理もネットで取り寄せられるし、

仁義なき戦い菅原文太みたいに、

「口が肥えて寒さが堪えるようではのお」

と趣味で言いたい人は言えばいいだけの話なのである。

 

残存歩行者

f:id:kkdsaur21:20180411170204j:plain

自動車教習所の学科で教わる一番難しい単語それは

「残存歩行者」

ではないだろうか。

そもそも「残存」という言葉自体に汎用性が全くない。

「残存歩行者」

は車の免許を取得し、道路に出て、さらに社会に出ても、

日常会話で耳にすることはまずない。

ちなみに、私が住む未来世紀・曙はこの残存歩行者が多い。

いたるところで残存している。

歩行者以外もザンゾンしまくりである。

特に自転車。

未来世紀・曙の自転車は90%において、

ブレーキをかけた際に「ギィ〜」という不快な音がなるようにできている。

仕様らしい。

「ギィ〜」には苦しみ、葛藤といった様々な機微が内包されており、

こちらとしても「キレイな指してたんだね、知らなかったよ」としか言いようがない。

大量の空き缶を積んだ自転車が曲芸よろしく聖地☆三和金属へ向かう。

チベットの修行僧は五体投地をしながら聖地カイラス山へ向かうが、

曙の場合はブレーキをギィギィさせながら聖地へ向かうのである。

「あんなに難儀するなら働けばいいのに」

たまにそんなことを言う輩もいるが、

彼らはルールに縛られたくないのである。

Fuckin'社是なのである。

そして、近隣にラーメン屋が4軒もあるのに全て30点くらいのクオリティしかないという曙を心いくまでゾンゾンしているのである。

ZOZO TOWNなのである。ツケ払いなのである。

 

話はガラリと変わるが、曙に最近ステーキ屋がオープンしたのだが、

入り口にまさに曙ライクな警備員がいる。

最近思うのだが、

店に雇われずに勝手に警備しているんじゃないかという疑惑が湧いてきている。

その理由については以下の通り。

・トランシーバーを 4つぶら下げている。(他にメンバーなし)

・夜になると最高にビカビカ点滅する警備用の棒を持っている。

・帽子のマークがなんか必要以上にかっこいい気がする。

・見かけるたび首を傾けてかっこよくタバコに火を点けている。

石原裕次郎がドラマのエンディングでやっていたのと同じタバコの吸い方

 (無論かっこよすぎる)

いつか声をかけてみたいが、そんな勇気があるだろうか。

そのステーキ屋の前の横断歩道が最も残存歩行者が多いのである。

 

 

チャーハンとピラフの間にあるもの

f:id:kkdsaur21:20180402130557j:plain

近所に中華料理屋さんが開店した。

ウチの近所にはいくつか飲食店がある。

ただ、港湾地域だからなのか、味の平均点が大分低く、

味より量といった雰囲気が町を覆っている。

昨夜、嫁とその店へ行った。

中国人夫婦ふたりで切り盛りしていて、

幾つかの小皿料理を取ったがどれもまあまあ美味しかった。

お酒の種類も予想より多く、

これは良い店が近所にできたものだと喜んだ。

ランチもやっているとのことだったので、早速本日行ってみた。

ランチメニューは5種類あったが、

初回なのでクオリティがわかりやすいラーメンチャーハンセットを頼んだ。

昨夜来た時は客はいなかったが、ランチは結構な入客があった。

30分経っても出てこないのは、厨房がワンオペだからだろう。

せっかちな私も黙って待っていたが、その時、おかみさんから衝撃の一言が。

「注文なんでしたっけ?」

ガビーンである。

今から作るのであればキャンセルしてくださいと告げるとおかみさんは、

素敵な笑顔で「もうできますよ」と言う。

それから数秒後、一瞬静寂だった厨房から、

チャーハンを作る時最初に中華鍋から発せられる

”シャラーン”というサウンドが聞こえてきた。

「うっわ、明らかに今作り始めとる!」

まあ、これも仕方ないということで黙って料理を待つ。

それから10分後出てきた料理が上記の写真である。

ラーメンについて。

斜向いに「一番美味いメニューがマグロ丼」という老舗ラーメン屋があるが、

そこよりは美味しいという感じ。

問題はチャーハンである。

無論、個人差があると思うが、私が思うチャーハンは、茶色っぽく絶妙にコゲが混ざって、ジョニー大倉的なギトギト感を漂わせているものをイメージしているのだが、

この店のチャーハンを見た時、

「ピラフじゃん」

と思ったのが正直なところである。

味は美味い。充分美味い。

だが、ピラフにしか見えない。

ご主人は中華料理のプロでそういった資格や認定を受けているとメニューにも書いてあるが、これが本場のチャーハンと言われるとなると、こちらも脳内で定義を変更しなければならない。

それに伴い、仕様書の変更と工数の見直しと再積算をいろいろとしなければならない。

とりあえず、ランチは行くのを止め、夕食だけ利用させてもらうことにした。

おわり

沖縄の民話に関する情報提供のお願い

f:id:kkdsaur21:20180223174444p:plain

現代人がお金を至上主義になったのは、ユダヤ人のせいだとか、

ロスチャイルド家の陰謀だとか思っていたんですが、

考えみたら花咲かじいさんとか桃太郎の時代でも最終的には金銀財宝だから、

その説違うんじゃないかと最近考えています。

さて、昔なにかで聞いた沖縄の民話。

これがなんいう話なのか、私の断片的な情報をヒントに、どなたかに教えていただきたい。

謝礼として寺に返し損なった去年のお守りを差し上げます。

ーーーーーー以下、断片的なお話の記憶ーーーーーー

津堅島あたりの話だったと思う。

かなり力持ちで大酒飲みの若者がいて、

今で言う室伏広治みたいなイメージだった。

ある時、船が嵐で遭難して数日後、どこかの陸地に上がった。

そこは海なはずだけどいきなり山で、

大きなネコちゃんがいた。

若者「むう!うすまさまぎさんヤママヤーどぅやる!ワンヤナカグシクワカマツドゥヤル!」

訳「wow!なんておっきなヤマネコちゃん!」

若者がその大きなネコちゃんを連れて集落に下りたら、

村の人がその光景を見てみんなたいそう驚いた。

それはそのネコちゃんが実はトラだったからなのだ。

ざわ・ざわざわ

圧倒的畑正憲

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで私のストーリーに関する記憶は止まっています。

オチはどうせ金持ちになって、

本当の豊かさを忘れていく勝ち組になるのだとは思いますが・・・。

 

オチというよりも途中のストーリーを一度ちゃんと読んでみたいのです。

みなさん情報お待ちしています。

 

 

これもSNSの功罪って言えるのかなー

www.j-cast.com

まず上記リンクの記事をお読みください。

 

「相手の身になって考える」ってのと

「自分に置き換えて考える」ってのがありますよね。

まあこれはケースバイケースで使い方が分かれるわけですね。

ちょっと前から気になっていることがあって、

その思いが最近更に大きくなっているんですが、

なんだか最近、それって自分に置き換え過ぎじゃないのか?という発言をよくテレビやネットで目にします。

 

先日星野仙一さんが亡くなった時、

哀悼の言葉がほとんどだったわけで、

それは至極当たり前の話なんですが、

星野仙一のやってきた暴力やパワハラは許せない」

みたいなこともネットで散見しました。

ネットニュースなんてのはSNSの声をそのまま記事にしたりするもので、

やはりSNSでも同様の声が結構ありました。

2018年に生きている人間が「1980年ではある意味、常識範囲内だったこと」

を批判しているわけですね。

現代のまさに今日の今のこのどんどん過ぎていく「今」に、

その今、もしくはここ数年の常識かわかりませんが、

40年近く前の行為を「パワハラダー」と言って怒っているんですね。

単純な話、星野さんが鉄拳制裁していた頃は、それはなんの問題にもなってなかったわけです。

だから最後まで野球人生を全うしたわけです。

40年前のことを批判するってあまりにも無意味だと思います。

60年前の髪型を見て「変なパーマwwww」って言うのと同じくらい無意味です。

1万年前の食事見て「マンモス食ってるー草生えるわー」って言うのと同じくらい馬鹿馬鹿しいと思います。

人類史上最大のトピックだとしても、それを自分のバイトの世界くらいにまで圧縮してまで、自分の意見を言う空間を作るかね。(笑)

「今だったら」「これが一般企業なら」「これがアメリカなら」

「これが1977年の1月1日生まれの左利きだけど箸を持つのは右手の人だったら」

「これが水割り飲む時はすごい悲しそうな顔するけどキャバクラ狂いな人だったら」

・・・全てなんの意味もない承認欲求なのかストレス発散なのか知らない自己満足のための枕詞に過ぎないとおもうんですよね。僕は。

 

年末からの相撲界のゴタゴタについて、

「いろんな人がいていろんなことを言うよ」(キリンジ「Driftter」より)

とまさにそんな感じですよね。好きに言っていいですよ。

だれにでも言論の自由はあるからね。

いろんな著名人やら論客やらタレントやらの殆どが、

相撲協会の問題に関して上記のように「自分に置き換えて」語っているのが見ていておかしいを通り過ぎて怖いと思っています。

 

そもそもの話なのですが、

相撲って17世紀から始まっているわけです。

相撲協会ができたのは20世紀です。(1925年)

相撲協会が創立された理由はたくさんあるので割愛しますが、

なによりもこの大昔から続く伝統を守るということが一義的です。

渡され引き継がれた有形無形問わず様々ものを、

「そのまーんま」引き継ぐことが最も重要なことであり、

これを「保守」と言います。

そう、保守なんですね。

協会は人事を変えながら100年近く変化なくそのままを守ることをまさに引い継いできているわけです。

変えることはそれこそ爆弾があれば5秒で変えられます。

タリバンバーミヤン遺跡を爆破したのと同じように。

守るというのは非常に尊いことであるのは議論の余地もないと思います。

そうやって相撲協会が成り立ってきたという紛れもない事実を前提に、

時代も変わったので、変革するべきところは変革しようね、守るべきものは守っていこうね、というのが本来あるべき議論だと思うのですが、

テレビでは、協会を解体しろとか、別団体を作れとか、

どこかの中小企業かプロレス団体みたいな認識しか協会にないような意見を言う人が多すぎるんじゃないか思います。

「これ、企業だったら潰れますよ!」

という謎なコメントを言うタレントもよく見ます。

客を置いていくのか〜!ファンがあっての相撲だろ〜!

本当の相撲ファンはそんな馬鹿なことは言いません。

守られてきた伝統に敬意を評しているし、それを守るためにみんな努力しているはずです。

日本の伝統継承って将来大丈夫かな?とふと思うのですが、

その前にマスコミが廃れると思うので気にすることもないかとも思っています。

正直、SNSが問題というより、それをまとめて印象操作をする層に問題があるんでしょうね。

何も清濁併せて守れとは思っていません。

改革すべきところ、特に暴力問題とかは真っ先に解消するための改革は必要だと思います。

ただ、会社の稟議みたいにスイスイ行くものでは当然なく、

例えて言ったら動かさなさ過ぎて関節が固まってすぐに動けないというイメージかと。

企業のしがらみとかのレベルではないですからね。

一方的に自分に置き換えた主張だけは本当に見ていてイラッとしますが、

冷静に考えるとあの人ら敢えてやってる節もありますので、

極力気にしないようにします。

 

最後に別の話を。

昔、モスバーガーがサービス改善のためにユーザーへアンケートを取りました。

改善提案で一番多かったのが、「商品出すのを早くするべき」

だったそうです。

で、モスバーガーはそれに従ったかと言うと、むしろ商品を出す時間が遅くなるほどになりました。

理由:このアンケートを言い換えれば「モスバーガーマクドナルドになれ」と言っている。

それはできない。更に逆の道を行く。

という判断になったとのことです。

受け継いできたことを捨てて市場に媚びを売りに行くでなく、

受け継いできた価値をまさに保守したわけです。

その判断の前で、「客を軽視するのかー!」と怒鳴っている人を見たらどう思いますか?

僕は代打逆転サヨナラ満塁ホームラン級のバカだな!

と思います。

 

相撲協会擁護派か、否定派か、

テレビのエンターテイメント性がどんどん短絡的になっている。

僕が歳を取っただけでテレビは実は変わっていないのかもしれないですが。

俳句が生まれた国とは思えなくなっちゃてるなーと。 

 

ちなみにレッテル貼り的な見方で協会と貴乃花親方の違いを見ると単純な話ではないのが分かる。

協会は運営は保守だが外国人力士の参加などそこは革新的

貴乃花親方は運営は協会よりは革新的(現代的)だが、横綱像に関しては保守的。

 

 

 

 

 

 

若山富三郎という男

f:id:kkdsaur21:20171229133912p:plain

「新・仁義なき戦い」を観た。

元祖作を自分の記憶の中で類似作に上書きされたくないという、

割りかしどうでもいい理由でこの映画のことを無視していたのだが、

ちょっとした気紛れで最近になって観てしまったというのが正しい説明かと思う。

とにかく、若山富三郎が終始怖い。

怒っても怖いし笑っても怖い。

なにをしてなくてもとにかく怖いのである。

役者の粋を完全に超えたなにかが画面から飛び出してくる。

若山富三郎の基礎知識については、

勝新の兄貴である。

ブラック・レインに出演していた。

これくらいなものだったので、映画鑑賞後、早速Wikipediaで調べたら、

やっぱり無茶苦茶な人だった。(笑)

ここでまとめて紹介しようと思う。

1・バック転ができる。

2・喘息なのにショートホープをチェーンスモーク。

3・糖尿なのに羊羹1本食う。

4・医者の言うことは聞かない、というより逆のことをやる。

5・「若山先生」と呼ばれないと振り向きもしなかった。

6・すぐに人を殴る。

7・後輩をかわいがりそのグループは「若山組」と呼ばれた。

8・下戸である。

9・なので若山組の固めの盃は羊羹を溶かして食パンに塗って食う。

10・それ以外に壁に立たせて若山富三郎が手裏剣を投げる儀があった。

11・学歴コンプレックスが強い。

12・高倉健の楽屋を拡張する工事に対抗して自分の楽屋の壁を壊した。

13・甘党だからか後輩を夜中に自ら家に呼び出しお汁粉を振る舞う。

14・大喧嘩の最中、机を持ったまま硬直。山城新伍に「早く止めんかい!」と怒鳴る。

15・柳沢慎吾の無礼に怒り狂い、「ヤナギザワ」と呼ぶようになる。

16・「クイズダービー」で1問目で全部賭けようとして止められる。

17・出題で自分の歌の問題が出るも、「これはオレじゃない。覚えがない」と言う。

18・スーパーマリオにハマり、腱鞘炎になっても包帯を巻いてプレイしていた。

 

コンプライアンスがない時代の話です。

今なら2番の段階でSNS上で叩かれるんだろうな。笑

 

プロレススーパースター列伝について

f:id:kkdsaur21:20171026162325j:plain

男は2種類に分別される。

プロレススーパースター列伝」を読んでいた男と読んでいない男である。

(以後、読んでいた層をP層とする)

読んでいた男同士はおじさんになっても話題の引き出しから瞬時にネタを取り出せる。

初めて会ったおじさん同士が「プロレススーパースター列伝」という共通言語で、

肩を組んで店から出ってしまうくらい意気投合してしまう。

接待におけるひとつの技として私は使っているのである。

効果はテキメンで、一回飲んだだけなのに、小学校の同級生だったくらいのレベルまで仲良くなる。

相手がP層かどうか、私がそれを探る際に実際に使うテクニックをひとつ紹介しよう。

酒席において、

「お熱くなっておりますのでお気をつけください〜」

と言われて出される料理があった場合。

両手つま先を左右交互に器を突く。

「あれ?地獄突きっすか?」

という接待相手。

はい、P層ホイホイにかんたんにかかるという算段。

プロレススーパースター列伝」は8割くらい捏造で、

それを大人になって振り返ってみて、しみじみ

「子供の頃信じてたなナ・・・」とノスタルジーを想起させるものなので、

今しかないという気持ちになってひたすらおじさん同士で作品をツッコミ続ける。

それだけで涙が出るくらい大爆笑になるのだ。

 

 

f:id:kkdsaur21:20171027094621p:plain

 ・・・絶対ウソだよね。

 

で、誰のシリーズが好きだったかという話になるのだが、

誰が誰でも「お〜」と盛り上がるのがP層おじさんの特徴である。

ブルーザー・ブロディ編が好だった人。

B.I砲編が好きだった人。

私は断然アンドレ・ザ・ジャイアント編が大好きである。

アンドレを発掘した行から大好物なのである。

アンドレは木こり(これも捏造)で、大きな体を活かして斧で気を切っている。

爺さんがチェーンソー使ったほうが効率が良いのは明白だが、

漫画的には非常に良い。

f:id:kkdsaur21:20171113120113j:plain

ちなみにP層にはアンドレのことを「ロシモフ」と呼ぶ人もいる。

 

実際のところアンドレは裕福な家の生まれで仕事もホワイトカラーだったという。

P層同士で話が盛り上がると題材以外にも当然話が及ぶのだが、

60年代後半〜70年代前半生まれにブロディ好きが案外多いのも興味深い。

その都度、ジミー・スヌーカの話を差し込む私は、

餅つきで言う手水みたいで気分が良いのである。